薬剤師の転職理由(23)離婚による環境の変化

薬剤師転職理由TOP >> 転職理由 >> 薬剤師の転職理由(23)離婚による環境の変化

薬剤師の転職理由(23)離婚による環境の変化

薬剤師が転職する理由の中に、離婚したからというものがあります。ほかの職種と比較すると、薬剤師の離婚は高めという話もネット上ではしばしば紹介されています。薬剤師は専門性の高い仕事で、女性でもそれなりの収入を得ています。ですから自分一人とか子供を何とか養っていけるだけの稼ぎはあるから、何か夫婦間でトラブルになってしまったら、我慢していっしょに生活するのではなく自分で自分のことを何とかしようと考える人も多いわけです。

離婚を機に転職を検討するのには、いろいろな事情があるでしょう。もし独身時代から同じ職場に働いている場合、せっかく周りの人に祝福してもらったのに離婚したとなると、お互いになんとなく気まずい雰囲気になることもあるかもしれません。またもしかすると職場結婚をしているカップルもあって、離婚した後また同僚として一緒に仕事をすることに違和感を抱く人も少なくないです。その他には結婚していっしょに暮していたところに引き続き住むことができなくなって、他の場所で新天地を求めないといけないからということもあるでしょう。

離婚して仕事探しをするにあたって、子どものあるなしは重要な問題になります。子どもがいなければ、身軽ですから仕事探しも多くの選択肢の中からチョイスできるでしょう。しかし子供がいるとなると、子育てを両立できるような職場を見つけてくる必要があります。そうなるといくつかの候補先が出てきます。

または病院薬剤師として仕事をする方法です。病院薬剤師の中でも、大規模医療機関の中から転職先を見つける必要があります。というのも大規模病院を中心として、院内保育室などを用意しているからです。自分が仕事をしている時には院内保育室に預け、仕事を行います。同じ敷地内にある保育室ですから、もし急に熱を出したなどの突発的な事態でもすぐに駆けつけられます。ただし院内保育室のある所を見ると、病院の職員であればだれでも利用できるところもあれば、看護師しか利用できないルールになっている所もありますから注意しましょう。

その他には調剤薬局に転職する方法もあります。もし一般的な保育園に子供を預ける場合、夜まで仕事を続けることはできません。そうなると夜勤のない、しかも残業の可能性の低い調剤薬局もシングルマザーの転職先の候補になってくるでしょう。ただし調剤薬局の場合、土曜日も出勤を求められることもあります。保育園の中には土曜日も保育受け入れを行っている所もありますから、そのような保育園が見つかるかどうかもチェックすべきです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師の転職理由まとめ All Rights Reserved.