薬剤師の転職理由(7)休日など勤務条件

薬剤師転職理由TOP >> 転職理由 >> 薬剤師の転職理由(7)休日など勤務条件

薬剤師の転職理由(7)休日など勤務条件

薬剤師と一口で言っても薬剤師の活躍の場は大きく、調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社とあります。この他にも製薬会社から新薬の治験や臨床開発を、依頼された企業で働く薬剤師の方もいます。調剤薬局では調剤業務の他に服薬指導や薬歴管理の3つの業務がメインで、調剤業務は病院など医療機関が発行した処方箋に従って薬を調剤します。服薬指導とは薬を服用される方に安全な服用方法や薬の効能や、副作用などの危険性や保管方法を説明したり指導します。

また健康についても病気の予防などのアドバイスを行ったりし、時には薬を服用される方から薬の効能や副作用などを訊き、病院など医療機関で働く医師にその情報をフィードバックしたります。最近では高齢化に伴い在宅医療の分野へ、進出を図る調剤薬局も出始めています。在宅医療も患者の自宅と介護老人保健施設などへの訪問があり、病院の担当医師と往診し処方箋を元に調剤業務や服薬指導などを行います。

病院で働く薬剤師は調剤室で医師が処方する薬の調剤を行う他にも、最近では病院の中にある病棟で働く病棟薬剤師も増えています。一般の薬剤師も調剤室で薬の調剤を行うだけでなく、医師や看護師と一緒に病棟の入院患者さんの、症状を確認しながら薬の調剤を行う傾向があります。医薬品の知識に関しては当然のことですが医師や看護師よりも専門家なので、直接的に患者さんに触れ合うことでコミュニケーションの機会も多くなります。

ドラッグストアでの薬剤師の役割は大きく調剤業務のみか、カウンター越しに医薬品を販売するOTC業務のみかその両方を行います。OTC販売の場合は処方箋が必要ないので、購入者から病気や怪我の症状などを訊き適切な医薬品を販売します。ドラッグストアでは医薬品の他にもさまざな商品を、販売しているのでこうした商品についての知識も必要になります。また店長になればスタッフの確保や商品管理や、商品の売り上げやコスト計算まで行います。ただ年中無料で深夜まで営業しているドラッグストアも多く、スタッフの確保ができない場合などは、休日返上で出勤することも少くなくありません。

もし休日など勤務条件から転職を検討しているのであればこのサイトに掲載されている、「リクナビ薬剤師」や「m3.com Pharmacist」などの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者があなたが希望するような、薬剤師の求人の紹介を行ってくれます。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師の転職理由まとめ All Rights Reserved.