薬剤師の転職理由(17)MRに転身したい

薬剤師転職理由TOP >> 転職理由 >> 薬剤師の転職理由(17)MRに転身したい

薬剤師の転職理由(17)MRに転身したい

調剤薬局などで仕事をしてきた薬剤師の中で、「今までとは違った環境に身を置いてみて自分の可能性を試してみたい」と思う人もいるようです。そしてこのような薬剤師の中で結構多くの人が希望するのは、企業薬剤師への転職です。大きく職場環境が変わるので、興味を持つ人も少なくありません。企業薬剤師の中でも人気の案件でMRがあります。薬剤師の転職理由を見てみると、「MRになりたいから」という事例も結構多くみられます。

なぜMRへの転職を希望する薬剤師が多いかといえば、収入の高さに魅力を感じるからです。MRの給与レベルは製薬会社などによって若干の違いがありますが、総じて高めです。平均年収を見てみると、大体550万円から700万円の間といわれています。これだけの年収を稼ぐには、調剤薬局やドラッグストアではかなり難しいです。年収700万円を稼ぐとなれば、店長のような管理職にでも就かない限りかなり厳しいです。

MRというのは、自分の営業成績が年収にダイレクトに反映される傾向が見られます。実際中には歩合給といって、営業成績の良し悪しで給料が変動するシステムを導入している所も結構あります。特に外資系企業では、このような歩合給制を採用している所も多いです。もしきちんと結果が出せれば、年収1000万円近く稼ぐことも夢ではないです。また歩合制を導入していないMRの募集でも、経験豊富で即戦力として使えると相手が判断をすれば、年収800万円くらいで採用してくれるケースもあります。このように頑張れば頑張るほど、給料面などできちんと報いてくれるのもMRに転職したいと思う薬剤師の多い理由です。

MRへの転職を希望する薬剤師の理由として、ワークライフバランスのしっかりした企業の多い点にも注目しましょう。調剤薬局やドラッグストアの場合、土日でも営業している所が多いため、カレンダー通りに休みを取るのは難しい側面があります。またローテーションでシフトを回している所もあり、毎週同じ曜日に休みが取れないケースも出てきます。ところがMRとして勤務をすれば、大半のケースで土日休みの完全週休2日制が採用されています。そのほかにも夏季休暇や年末年始休暇などを数日確保している所が多いです。カレンダー通りに休みが取れるので、家族のいる方の場合、どこか出かける場合でもスケジュールの調整がやりやすくなります。また育児休業や時短勤務も整備されている企業が多いので、ママさん薬剤師でMRへの転職を希望するケースも多いです。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師の転職理由まとめ All Rights Reserved.