薬剤師の転職理由(16)認定薬剤師になりたい

薬剤師転職理由TOP >> 転職理由 >> 薬剤師の転職理由(16)認定薬剤師になりたい

薬剤師の転職理由(16)認定薬剤師になりたい

薬剤師が転職するにあたって、面接試験などでほぼ確実に訊かれるのは「転職しようと思った理由はなんですか?」というものです。この転職理由ですが、どのように答えるかによって相手の印象が変わります。転職理由を答えるポイントは、ポジティブな理由であるかどうかです。後ろ向きな理由の場合、どうしても面接官も採用に及び腰になります。「採用してもまたすぐに同じような理由で辞めてしまうのではないか?」このように考えられてしまうからです。

では転職理由として好ましいのはどのようなものでしょうか?お勧めしたいのは、キャリアアップです。より薬剤師としての自分をレベルアップさせたいという向上心を持っている人には、面接官も好印象を抱きます。実際「もっと薬剤師としていろいろなことを経験してみたい」「スキルアップしたい」という理由で転職している人もいるでしょう。そう考えているのであれば、面接試験の場で素直にそのように伝えましょう。ただしただ単に「キャリアアップしたいから」では抽象的すぎて、インパクトに欠けます。そこでどのようなキャリアパスを検討しているのか、より具体的なプランを考えることが大事です。

薬剤師のキャリアアップの方法はいろいろとありますが、認定薬剤師などの上級資格を取得するのも一つの方法です。認定薬剤師とは、日本薬剤師研修センターという所が認定している制度で、薬剤師としてのステータスをワンランクアップできます。薬剤師の場合、いったん免許取得すればずっと一生涯にわたって使えます。しかし認定薬剤師は、更新制度を採用しています。定期的に更新をする必要があり、更新する際にはちょっとしたテストも実施され、それをクリアしないと認定薬剤師の資格は失効してしまいます。

つまり認定薬剤師の資格を持っていれば、おのずとその資格を失わないようにするために、薬学に関する最新知識を勉強する必要があります。そうすればおのずと薬剤師としてステップアップできるでしょう。もし認定薬剤師の資格取得が転職理由であれば、転職先にどのような制度があるのかチェックしておきましょう。

大手の調剤薬局やドラッグストアなどの中には、薬剤師がキャリアアップするためのサポートを積極的に実施している所もあります。例えば認定薬剤師の試験を受けるにあたって、受験料を一部負担してくれるようなところも見られます。また勉強時間を確保するためにも、残業があまりない職場に転職をするのもポイントになります。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師の転職理由まとめ All Rights Reserved.