薬剤師の転職理由(22)パート・派遣から正社員になりたい

薬剤師転職理由TOP >> 転職理由 >> 薬剤師の転職理由(22)パート・派遣から正社員になりたい

薬剤師の転職理由(22)パート・派遣から正社員になりたい

パートで仕事をしている薬剤師の中には「そろそろ正規職員として仕事をしてみたい」と思う人も多いです。やはりパートタイマーと比較すると正規職員の方が安定した環境の中で仕事ができます。給料も同じ時間仕事をした場合には正規職員の方が上ですし、ボーナスも出ることもしばしばです。また社会保険なども完備されているので、安心して仕事ができるでしょう。仕事の安定感で見た場合、パートタイマーはどうしても弱い所があります。

パートタイマーで仕事をしている人の中には、やむにやまれぬ事情でそうせざるを得なかったという事例も多いです。例えば結婚している人の場合、子供を出産し子育てをしながら仕事をするとなるとなかなかフルタイムで仕事をするのは難しいです。また高齢化社会が進む現在、両親の介護の面倒を見ながら仕事をしているという薬剤師もいるでしょう。この場合も自分が不在の時に自宅で突発的な出来事が起きた時のことを考えると、1日8時間近く仕事で外に出るのは難しいはずです。

ただしこのようなフルタイムで仕事ができなかった要因がなくなった、ひと段落したのであれば、せっかくだからまたフルタイムで仕事をしてみたいと考える人も多いでしょう。パートタイマーで現在は仕事をしている薬剤師の中で、正社員として就職してみたいと思う人は比較的多いです。また正社員とパートタイマーを比較すると、正社員の方が重要な仕事を任せられる傾向が見られます。パートタイマーはどちらかというと単純作業が中心で、長く仕事を続けていてもなかなかスキルアップできないという事情があります。

もし正社員としてステップアップしたいと思っているのであれば、まずは自分の職場に相談してみましょう。現在でも薬剤師不足の状況は変わっていなくて、調剤薬局などの中には正社員としてフルタイムで仕事をしてくれるのであれば、それに越したことはないと考える所もあります。わざわざ求人サイトなどに募集を出したり、面接したりする手間も省けます。しかもパートとはいえ、今まで一緒に仕事をしてきた仲間です。どのような人なのか理解できているので、安心です。ですから正社員として雇ってくれないかといえば、すんなり認められるケースもあります。

ただし正社員になると、パートタイマーと比較して自由度は少なくなると思った方が良いでしょう。例えばパートであれば、比較的定時に帰宅できたかもしれません。しかし正社員となると残業なども求められる可能性はあります。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師の転職理由まとめ All Rights Reserved.