薬剤師の転職理由(1)年収アップ

薬剤師転職理由TOP >> 転職理由 >> 薬剤師の転職理由(1)年収アップ

薬剤師の転職理由(1)年収アップ

2013年の厚生労働省の抽出調査では薬剤師の平均年齢は39.1歳で平均年収は533万円で、男性の薬剤師の平均年収は562万円で女性の薬剤師の平均年収は520万円でした。薬剤師の平均年収も男女によっても格差がありますが、薬事法で薬局やドラックストアなどに必ず一人の設置が義務付けられている、管理薬剤師と一般薬剤師でも年収に差があります。管理薬剤師の年収は約500万円前後から約800万円での求人が多く、このサイトに掲載されている「リクナビ薬剤師」や「m3.com Pharmacist」には年収が1000万円を超えている求人案件もあります。

管理薬剤師に対して一般薬剤師の平均年収は約400万円前後から約700万円前後が最も多く、このサイトに掲載されている転職エージェントの中には年収が800万円を超えている求人案件もあります。管理薬剤師と一般薬剤師の平均年収も年齢や、調剤経験の年数によっても大きく異なってきます。さらに管理薬剤師の場合には年齢や調剤経験の年数だけでなく、医薬品管理や人材育成や経営の知識なども求められます。また一般薬剤師も病院や調剤薬局で働くのと、ドラックストアや製薬会社で働くのでは平均年収にも違いがあります。

例え同じ調剤薬局やドラックストアでも薬剤師が余り気味の都心部と、絶対的に薬剤師が不足している地方都市とでは薬剤師の平均年収も大きく変わります。慢性的に薬剤師が不足している地方都市では薬剤師の平均年収も、薬剤師の需給バランスによって低くかったり高くなったり変動します。どんなに薬品に関する知識が豊富でその人の能力が高くても、住んでいる場所に薬剤師が多くてあまり需給がなければ、当たり前のことです年収も低くなります。

ドラックストアで働いている管理薬剤師も残業代がきちんと払われるところと、店長になると残業代込みで年棒制になっている場合もあります。調剤薬局で働いている薬剤師の平均年収は普通は、約400万円からスタートし入職3年目で年収500万円が一つの目安です。それに対してドラックストアの場合は個人経営とチェーン店によっても差がありますが、チェーン店であればスタートは調剤薬局と同じ400万円程度でも、店長になれば年収が700万円を越える場合もあります。

製薬会社の研究職の募集は極めて少ないのが現状ですが、高給の求人案件が多いのが特徴です。もし年収アップが転職理由であればこのサイトに掲載されている、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者があなたが、満足するような求人の紹介を行ってくれます。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師の転職理由まとめ All Rights Reserved.