薬剤師の転職理由(19)職場でのいじめ

薬剤師転職理由TOP >> 転職理由 >> 薬剤師の転職理由(19)職場でのいじめ

薬剤師の転職理由(19)職場でのいじめ

薬剤師の転職理由の中でトップクラスに多いのが、職場の人間関係です。例えば同僚とか事務からいじめに遭っているとか、上司のパワハラといった事例は結構あるみたいです。また薬局の中には、お局様のような薬剤師がいて、何をするにしてもお局様の許可が必要だという事例も見られます。さらにこれはいじめとはちょっと異なるかもしれませんが、薬局の代表がトンチンカンなことをいう、公私混同をしているのでついていけないからという転職理由も見受けられます。特に小さな薬局の場合、いじめなどの問題が起こりやすいと言われています。小さな薬局がダメだと言っているのではなく、全員合わせても数名程度の小さな世界なので、いやでもなかの人間関係は濃くなってしまいます。その結果、ウマが合わない人がいると衝突しやすくなるのです。

薬剤師の面接試験では、「前の職場を辞めた理由はなんですか?」とほぼ確実に尋ねられるでしょう。その場合に「職場の人間関係が…」のような回答をすると印象が悪くなります。たとえ自分には何の落ち度がなかったとしても、相手の印象は違ってくるからです。「人間関係が悪いのは他人だけでなくあなたにも問題があったのではないか?」このように思われかねません。そうなると「この人を採用すると、職場の人間関係がおかしくなってしまうのではないか?」「また同じような理由ですぐにやめてしまうのではないか?」このような心配をされてしまいます。薬剤師の面接試験で、人間関係と転職理由で答えるのはNGとされます。「キャリアアップしたい」とか「違った職場で自分の可能性を試してみたいから」のような、ポジティブな理由で転職するのがオススメです。

いじめに遭ったことが転職理由であれば、転職したいけれども「また同じような目に遭ってしまうのではないか?」このような懸念を抱く人もいるでしょう。その場合には、次に転職する所をどうするかはかなり慎重に選んだ方が良いでしょう。そのためには実際に薬局などの職場をチェックしてみるのが一番でしょう。

おそらく大半の所が面接試験の会場として、その店舗内としているはずです。そこで面接を受けに行った時に、職場の様子をチェックしてみましょう。薬剤師同士や薬剤師と事務がスムーズにコミュニケーションが取れているかどうかを確認しましょう。また面接の時に質問するよう促された際に、「こちらの職場は平均するとどのくらいの勤続年数になりますか?」と質問してみる方法もあります。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師の転職理由まとめ All Rights Reserved.